2012年05月06日

メイキング・オブ・『Before Sunset』(with KORG micro ARRANGER)

今回は、前回聴いていただきました『Befere Sunset』の制作過程を少し紹介させていただきます。「メイキング・オブ」などと言いますとなんだか偉そうですが、途中、2曲ほどボツ曲を経過していますので、今回はそれもアップさせていただきます。


「KORG micro ARRANGER」(以下、mi-ARNGRと略)で検索してこられる方が結構いらっしゃいますので、私の使い方を紹介したいです。


mi-ARNGRのHPはこちら↓


http://www.korg.co.jp/Product/Synthesizer/microARRANGER/

 

1.まず、何か曲を作ろうということで、自分のフィーリングにあったmi-ARNGRのスタイルを探します。最初、「Pop Beat」というスタイルを選びました。


2.次は、BPM(テンポ)とキーを決めた後、だいたいのコード進行を作ります。この作業が結構苦労しますね。基本的な I → VI → IV → Vとか、VI → III → II → V7 みたいな所から考えていきますが、ベースラインに順次下降を作ったり、セカンダリードミナントを使ったり、ドミナントをIV/Vとかにしてみたり、サブドミナント・マイナーみたいな代理コードが使えないかなど、いろいろ仕込みを考えます。M7とか9th、テンションなどもできれば取り入れたいですね。


【2012/05/11 追記・修正】

2.の項で、セカンダリードミナントとか代理コードなどで仕込みをすると書きましたが、ツイッターで藤巻先生から有益なお話がありました。先生によりますと、セカンダリードミナントとか代理和音、ドッペル・ドミナントなどは、実際にはあまり良いコードワークが作れないそうです。それより「7つのダイアトニック・コードを大事に使って、ツーファイブ、裏コード、分数コード、四度堆積和音、二度堆積和音、アッパーストラクチャー、近親調のコードを絡める、これらの可能性を追求した方がよほどオリジナリティが出せる」(藤巻先生のツイートより引用)そうです。


藤巻先生の著書を愛読しているはずの私がよく分かって無くて、ホントにお恥ずかしいです。単語だけでは難しいと思いますが、詳しいことは『コード作曲法』『コード編曲法』を見ていただけるとたいへん勉強になると思います。


 
 

code_sheet.jpg

 

3.コード進行がだいたい出来上がったところで、mi-ARNGRに打ち込んでいきます。mi-ARNGRは、演奏しながらバッキングを作れてしまうというのがウリのようですが、僕はコード進行やイントロ、フィル、エンディングなども含めて、全てステップ入力で作ります。これは僕の性分というか、キッチリできていないと嫌だからです。ここまでできれば、後はmi-ARNGRがやってくれるので、だいたいの曲の感じを聴くことができます。


4.コード進行を若干修正したりした後、今度はいよいよメロディー作りです。バッキングはmi-ARNGRがやってくれるわけですから、せめてメロディーだけでも自分で考えないと、全くの機械任せになってしまいますからね。著作権というのも、コード進行には無くて、メロディーこそが著作権の対象なんですね。


メロディーは、mi-ARNGRでバッキングを何度も再生しながら、一つのトラックに少しずつ録音していきます。これは実際に演奏して記録していきます。部分的に、パンチインで足していきます。


このようなやり方でやっていくと、一応曲らしきものがmi-ARNGRのみでできてしまいます。mi-ARNGRは4万円弱で、なりは小さいですが、音はなかなかいいんですよ!音色のエディットこそできませんが、音源としてかなり十分なものがあります。


さて、この段階で出来上がったものが、次の曲です。mi-ARNGRから2chアウトプットして、オーディオインターフェイスからiMacのLogic Pro9に録音し、MP3にミックスダウンしたものです。仮タイトルとして「Cotton White」(深い意味はありません)としました。

 

これで出来上がりとしてもいいのですが、あまりにも芸がないですよね。コード進行とメロディしか作っていないのですから。


5,次は、mi-ARNGRのデータをSDカードに落として、そのMIDIデータをLogicの方へ持ってきます。この時、メロディの気に入らない所も少し修正しました。


mi-ARNGRのMIDIデータは、Drums、Perc.、Bass、プラスあとはスタイルによってピアノとか、ギターとか、シンセのパッド、ストリングスなど、伴奏トラックとして4〜5トラックあります。


mi-ARNGRの音もなかなかいいのですが、Logicに持ってきた時点で、よりよい音源があれば差し替えます


今回の場合、メロディをサックスに変えてみました。Native Instruments社のKontakt5、サンプリング音源でなかなかいい音です。他に、詳しいことは忘れましたが、ギターをYAMAHA MOTIF XS7の音源に差し替えたと思います。これもいい音です。


ただ、ドラムの音は、キーマッピングが違うので差し替えるのが面倒なんですよね。それに、mi-ARNGRのドラムの音はかなり満足できるレベルです。mi-ARNGRのドラムにプラスして、Komplete 8のドラムも少し足しました。


音源を差し替えただけではなく、全体の構成もいくぶん修正しました。


各トラックのバランスを慎重に調整して、次のような曲になりました。タイトルも「Brand New Day」と変えてみました。

 

この曲で出来上がりにしようかとも思ったんですが、サックスの音を何度か聴いているうちに、ジャズっぽくしたらどうなるかな?って考えたんです。


6.そこで、最初に作ったmi-ARNGRのデータをスタイルだけ「Swing Ballad」というものに変えて、再びLogicの方へ持ってきました。やっぱりサックスにはジャズが似合いますね。3コーラス繰り返しという構成にして、2回目をサックス・アドリブにすることにしました。ここでしばし行き詰まってしまいました。サックス・アドリブがなかなかうまく作れないのです。キーボードを弾きながらではうまく行かないので、Finaleという楽譜ソフトを使い、キーボードでフレーズを確かめながら五線紙に書いて作曲しました。ジャズアドリブらしくするために、リズムをスイングさせ、メロディの拍を前後にずらしたりします。後はブルーノートを使ったりとか……、でもほんまもんのアドリブにはとうてい及びませんね。(^^ゞ

ad-lib for sax.jpg


後、最後のコーラスにバリトン・サックスを少し足しました。


出来上がりの『Before Sunset』です。

 

たいへん長くなりましたが、ざっとこんな感じです。これからKORG micro ARRANGERを使うという方に、少しでも参考になればうれしいです。mi-ARNGRは、それ単体でもその気になれば、かなり曲を作り込めます。また、データをLogicの方に持ってきて、ドラムトラックなど、MIDIデータを修正した上で、再びmi-ARNGRで音を鳴らすこともできます。


DTM初心者の方にはかなりオススメな製品です。中級者の方でもかなり重宝するのではないでしょうか?


全てのパートを一からオリジナルで作るスキルを身につけることも大切ですが、手早く気軽に作れて楽しめるというのもまたいいのではないかと思います。

 
にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ
にほんブログ村


web拍手 by FC2





ラベル:KORG micro ARRANGER
posted by tenawanboy at 22:20| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

音楽趣味のロードマップ

〈はじめに〉
これまで「写真」と「音楽」を趣味の2本柱とし、その両立を目指して頑張ってきました。しかし今年に入り気持ちの上で、徐々に「音楽」の方に重心が移ってきました。これからも「写真」をやめるつもりはまだありませんが、自分にとって何が一番大切かと考えたとき、「作曲による自己表現」がやはり第一かなと最近思えるようになってきました。

最近音楽をやっていて、自分はまず何をやればいいのか、少々混乱しています。自分は音楽的才能はもとより、適性すら乏しいのではないかと思っていますが、それゆえにやらなければならないことがいっぱいあります。そこで、今後の目標とやるべき課題を少し整理してみたいです。

まずその前に、これまでの歩みを少し振り返ってみます。

〈これまでの歩み〉
2008年4月より作曲を始めました。今年で3年になりました。義務教育の「音楽」以外、理論も演奏も人に習ったことはなく、音楽的素養はほぼゼロからのスタートでした。
これまで50曲余りを作曲。最初2年ぐらいはJ-POPの歌モノを目指してやっていましたが、自分は歌がド下手なこともあり、ここ1年ぐらい、徐々にインストゥルメンタルに移行しつつあります。

これまでに勉強した理論書など:
『音楽理論ワークブック』北川祐 編著 リットーミュージック
『コード学習帳』監修:角聖子 著:藤原豊・植田彰 リットーミュージック・ムック
『和声のしくみ・楽曲のしくみ』島岡譲 著 音楽之友社
『コード作曲法 ~藤巻メソッド~』藤巻浩 著 ヤマハミュージックメディア
『COMPOSING MUSIC』William Russo The University Of Chicago Press

その他、教則本など多数。ただし、完全に読破したものは、ほんの一部です。
上記5冊は、特にお薦めできる学習書です。

〈今後の目標〉
1.クラシカルな楽曲
まず第一の目標としたいのは、“坂本龍一的ピアノ・ソロ”です。坂本氏はNew Ageという風にもジャンル分けされますが、僕が目指すその特徴は「クラシックより現代的かつポピュラーだが、イージーリスニングではない」という作風です。これがなかなか難しいのです。これまで何曲かピアノ・ソロを作りましたが、クラシカルあるいはイージーリスニング風にはできても、モダンでかつポップな味付けというのができていません。

第二に、西村由紀江的イージーリスニング(ピアノ・ソロ)です。西村由紀江さんをイージーリスニングと呼んだら、本人は気を悪くされるかも知れませんが、僕は彼女のピアノ・ソロがとても好きです(特に最新作の『ピアノ』というアルバム)。とても洗練された作風は、ぜひ目標としたいスタイルです。

以上まず、ピアノ・ソロ曲によって、作曲の基礎・技法を学びたいです。その後、弦楽四重奏曲・室内楽曲などアンサンブルにも手を伸ばしたいですし、いつかはオーケストラという夢もあります。

2.ポピュラーな楽曲
クラシカルな楽曲をメインとしたいですが、一方でポピュラーな楽曲もたまには作りたいです。テクノ・エレクトロニカ、ミニマル、アンビエント、J-POPなど、かなり欲張りではあります。あれもこれも全てできるわけはないですが、“ビート”の魅力はやはり捨て難いです。

〈今後やるべき課題〉

1.音感を養う
最近、音感の重要性を強く感じるようになりました。作曲するにしても、何か楽器を演奏するにしても、音感を養うことがとても大事です。逆に言えば、音感を鍛えることにより、作曲能力も演奏能力も飛躍的に伸びるのではないかと考えます。
僕の年齢からして、今からどれだけ音感がつくか、かなり疑問ではありますが、楽器なしに楽譜を読み書きできたらどんなにすばらしいでしょうね!
・イアー・トレーニング・ソフトの学習を励行すべし!
もうひとつ、
・耳コピーを実践すべし!
耳コピーはかなりしんどい作業なので、これまで避けてきましたが、音感を養う上でも、また作曲を学ぶ上でも非常に有効だと最近思うようになりました。

2.理論を学ぶ
これまで、いろいろ理論書を読んできましたが、まだまだ習得できていない事柄が多いです。先日、音楽SNSのMUSICTRACKで、ある方からとても丁寧なアドバイスをいただきました。その中から、まさに僕ができていない3点。
・ポリ・リズム
・テンション
・対位法    を研究すべし!

さらに、
・『コード作曲法 -藤巻メソッド-』、藤巻氏のDTMマガジン連載講座を熟読研究すべし!
・坂本龍一氏、西村由紀江氏の楽曲アナリーゼをすべし!


以上、実行不可能なぐらい、てんこ盛りに書いてしまいましたが、今後の自分の指針にしたいと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〈参考:僕が聴いたアルバム〉
坂本龍一/『Gruppo Musicale』『/04[限定盤]』『BTTB』『CHASM』『out of noise』『UTAU』『音楽図鑑』
西村由紀江/『ピアノ』『Best of Best〜20 Songs〜』『vitamin』『扉をあけよう』
(順不同)
そんなにたくさん聴いているわけではありません。
 
 
posted by tenawanboy at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

ワォ! ジャズ・アドリブ!!

「メインは音楽! たまーに写真(^_^;)」
いつのまにかタイトルリードが変わっていた・・・。もうお気付きの方もいらっしゃると思います。そう、最近の私は頭の中が音楽でいっぱい! いっそのこと路線変更宣言したら?と思いますが、しません。私は若い頃から趣味がコロコロ変わるんです。なので、「今は音楽がマイ・ブーム」とだけ言っておきます。

ホントはブログエントリーなど書いてるヒマがあったら音楽やりたいんですけど、実は今巨大なカベにぶち当たっています。今日は主に泣き言です。

・・・つい先頃まではポップス系歌モノをやっていました。ところがちょっとしたきっかけからインストを作ってみたくなり、実際2曲ほど「らしきモノ」を作りました。しかーーし、歌モノとインストとはかなり違うということを実感しまして、ネットや本などでいろいろ情報収集しました。そして行き着いたのが、ジャズ・アドリブ!ーーー「インストの究極」=ワタクシ的結論。まぁ、他にもインストはいろいろありますが。。。

まねごとでいいから1曲、ジャズピアノを書いてやろう・・・しかし、あれやこれやと試行錯誤するも玉砕。嗚呼! 
さらにネットや理論書に当たってみると、調べれば調べるほどジャズ・アドリブというものが常軌を逸して難解であることが判明。歌モノなど比較にならないくらい(どちらが高級というわけではないですが)。

というわけで、今は茫然としております。ま、元々ライブパフォーマンスができるほど楽器ができるわけではないので、ジャズ・アドリブなどとてもムリ。打ち込みで何とかなると思っていたのが甘かった。



さて、今回も本やサイトの紹介を少し。

『ポピュラー音楽理論』 北川祐編著 リットーミュージック
『音楽理論ワークブック』 北川祐編著 リットーミュージック
音楽理論書もしくはサイトを求めてさまよってきましたが、ついに決定版と言えるものにめぐり逢いました。ポピュラー音楽に関する限り、これより充実したものは今まで見たことがありません。基礎理論・コード進行・コードスケールについて明解に整理・解説されています。ただし、アレンジ・オーケストレーションについての解説はありません。

音楽理論。。。知識があればそれなりに役立ちます。しかし、理論的に知っているのと、実際に「音楽できる」のとはまた別ですね。どこか語学学習に似ています。

ジャズギターが学べるサイト
Jazz Guitar Style Master
ジャズ・アドリブはどうやったらできるか?ーー具体的に教えてくれるところはホントに少ないんですねぇ。ここは理論だけでなく、どういうふうに練習し身につけていくか、とても具体的に解説されています。ギターのサイトですが、ピアノなど他の楽器にも考え方は通用すると思います。優良サイトだと思いますが(無料です)、すぐにアドリブが出来るようになるとは思わないで下さい。ジャズ・アドリブはどうやら長期戦の修行らしいです。

以上、他にもありますが、今回は本当にいいと思ったものだけオススメいたします。




posted by tenawanboy at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。