2009年06月16日

ソナチネ第3番〈雨降りの午後に〉

In the rain

クーラウのソナチネOp.55, No.1を参考に作りました。
自分が作ってみたいと思うピアノ曲がなかなかできないので、リハビリのつもりです。
アートワークの素敵な写真を見ながら聴いていただけるとうれしいです。
ところで、モーツァルトには好きなピアノ曲がたくさんあるのですが、
換骨奪胎をしようと思っても容易に寄せ付けないものがありますね。





〈アートワーク写真〉
"In the rain" by ClickFlashPhotos

てなわんボーイ





posted by tenawanboy at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ・ソロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

Order or Disorder

最近まともな曲がサッパリできないので、ちょっと実験的にやってみたものをアップさせていただきます。12音技法を使ったものです。作曲法はウィキペディアの解説を参考に全くの我流でやりました。けっこういい加減です。

disorder






〈アートワーク写真〉
Clipboard03 by foTOmo




posted by tenawanboy at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ・ソロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

ソナチネ第1番

ソナタ形式のピアノ曲を作ってみました。小規模な習作なので、ソナチネです。
形式を守りながらも、できるだけ自分の個性を出せるように努めました。

ソナチネ第1番





《アートワーク写真》
"Stained glass in Montserrat" by borkur.net

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【本の紹介】
『和声のしくみ・楽曲のしくみ』 島岡譲 著 音楽之友社
今この本に手を付けてます。久しぶりにエキサイトする本に出会いました。クラシックの理論・作曲法の概略を手短に俯瞰できる本だと思います。
以前、『ポピュラー音楽理論』という本を紹介しましたが、あれも実にいい本でした。ただ、作曲の具体的方法については記述がありませんでした。この『和声のしくみ・楽曲のしくみ』には、4声体・ピアノによる編曲、作曲の実際・クラシック音楽の楽曲の構成・和音の総括などについて書かれており、作曲の現場で非常に参考になることが書かれています。
もし作曲をしてみたいという方がいらっしゃいましたら、まず『音楽理論ワークブック』(リットーミュージック)北川祐 編著で身近なポップスについて勉強し、次にこの『和声のしくみ・楽曲のしくみ』でクラシック音楽の基礎を学ばれるといいと思います。ゼッタイオススメ。

ついでに次に読みたい本も書いておきます。
『総合和声ー実技・分析・原理』 島岡譲 他 著 音楽之友社
『明解 和声法〈上・下巻〉』 植野正敏 著 音楽之友社



posted by tenawanboy at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ・ソロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

新・閉じた貝

閉じた貝





誰にも言えないことがある
誰に言ってもしょうがないことがある
そんなとき私は閉じた貝になる。

ーーーーーーーーーーーー
前作に引き続き、ピアノ・ソロです。

【更新】2009/04/26 20:40
メロディが曖昧なところがあったので、一部作り直しました。


《アートワーク写真》
「Shell and Foam」 by ladymonarda



posted by tenawanboy at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ・ソロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。