2012年03月24日

Piano Solo Etude No.8

Piano Solo Etude No_8.jpg



ブルクミュラー25の練習曲から、第3曲目の「牧歌」という曲を下敷きに作曲しました。原曲はト長調・6/8拍子ですが、コード的な構造はほぼそのままにト短調・4/4拍子で作ってみました。「牧歌」のポイントである左手和音のバッキングを取り入れています。習作の一環としてやっています。地味でシンプル、派手な曲ではありません。

楽譜はこちらからダウンロードできます。↓
(コードがふってありますが、一部怪しいものがあります。特に、Dm7/Gというコードは???です。ご了承ください)
Piano Solo Etude_8.pdf

参考までに、原曲はこちら。↓




web拍手 by FC2


にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ
にほんブログ村
posted by tenawanboy at 00:02| Comment(4) | ピアノ・ソロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ピアノ ソロ エチュード No.8を聴かせて頂きました。
素人の僕は、フィナーレの「跳ね」を面白く思いました。
Posted by 新サスケ at 2012年03月24日 19:24
新サスケさん、いつもありがとうございます!!
クラシックの小曲をお手本にしています。いろいろ分析すると、とても勉強になりますね。なかなか自分のオリジナル曲に生かせないのですが。。。
Posted by tenawanboy at 2012年03月24日 20:47
良いですね!本格的な譜面まで作られて素晴らしいです。
分析もいつか実を結んで、オリジナルに反映できる日がくるのでは
ないでしょうか。

Dm7/Gのところは、これで大丈夫だと思いますよ。
G7sus4とか、Gm7(11)とか、いろんな書き方が出来ますけど、
トニックっぽく見えるのはGm7(11)でしょうか。

なかなかコードネームの表記って難しいですね。。。
Posted by Hiroshi at 2012年04月05日 13:25
Hiroshiさん、コメントどうもありがとうございます!
Dm7/Gのところは、自信が無かったので、解説いただき助かりました。コードはだいぶ分かったつもりでいても、時折解釈に窮するものに出会います。
ブルクミュラー25曲全ての習作を作ろうと目論んだのですが、4曲め「小さな集会」(重音の連続)で現在、行き詰まっています。(大汗)
今はピアノの練習に主力を注いでいます。練習を始めて半年になりますが、1年になる今年10月までにある程度の成果を出したいと頑張っています。拙いながらも少し弾けるようになって、音楽の楽しみが一つ増えました。始めて本当に良かったです。(余談・近況が長くなりましたが、このコメントには返信不要です)
Posted by tenawanboy at 2012年04月05日 16:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。