2009年07月17日

『ピアニストのためのコード学習帳』

今日は音楽書の紹介です。またまた素晴らしい本に出会いました。鍵盤派の方にゼッタイお薦めの一冊です。

『ピアニストのためのコード学習帳』
監修:角聖子、著:藤原豊・植田彰
リットーミュージック・ムック \1,890 -

この本の具体的な内容は、アマゾンの方に目次が載っていますので、そちらを見てもらえばだいたい見当が付くと思います。ここでは補足的に感想などを書いておきたいと思います。

ピアノやシンセを弾いていらっしゃる方、メロディとコードだけの楽譜を見て伴奏アレンジが出来たらなぁと思ったことはないですか? この本はそんなあなたに最もオススメの内容となっています。
この本ではコード理論のエッセンスとも言うべきものが惜しげもなく盛り込まれ、しかも解説は易しくかつ簡潔です。ポピュラー音楽とクラシック音楽、両方の理論から重要項目を紹介しています。初心者に優しい基本の解説から、ちょっとウデに自信のある上級者向けディープな内容まで、盛りだくさん!
さらに素晴らしいのは豊富な譜例です。メロディにコードと伴奏を付ける練習問題が多数あり、巻末には模範解答が全て載っています。これは実にありがたい! 繰り返し弾いて練習できる優れた譜例です。
また第7章では曲構造の解説付き楽譜が8曲、CDの模範演奏付きで載っており、これは質の高い紙上レッスンとも言えるでしょう。

以上、簡単にご紹介しましたが、これだけの内容で税込み1,890円はかなりのお買い得だと思いました。




【関連する記事】
posted by tenawanboy at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。