2011年10月12日

『The Last Goodbye 2011』(鏡音リン・レン・アペンド)

The Last Goodbye.jpg



昔こんな曲も作っていたということで、たまにはいいかなと。

2008年9月当時は、自分でヘタクソな歌を歌っていましたが、今回ボーカロイドにお願いしました。(といっても2011年2月録音です)

曲は、今のサウンドじゃないですね。(^^; かなり昔風。年配の方にはいいかも??


 

『The Last Goodbye 2011』(鏡音リン・レン・アペンド)

作詞・作曲・編曲=tenawanboy


若く輝いた日々 忘れられない人がいる

出会いはいつも偶然で 始まりはどこかぎこちなく

共に過ごしたあの頃 かけがえなさに気付かなかった


明日また会えるサヨナラは See You Again

二度と会えないサヨナラは The Last Goodbye


二度と戻らない日々 今も鮮やかによみがえる

初めて交わした言葉 今はもう覚えていない

一歩踏み出す勇気 持てずにずっと友だちのまま


明日また会えるサヨナラは See You Again

二度と会えないサヨナラは The Last Goodbye


明日また会えるサヨナラは See You Again

二度と会えないサヨナラは The Last Goodbye


二人ときめいた日々 心に残る確かな記憶

過ぎゆく季節の中で 君の温もり確かめた

物語に終わりが あるとは思いもかけずに


明日また会えるサヨナラは See You Again

二度と会えないサヨナラは The End of Love

それがいつだったのか I Don't Know

せめて言わせておくれよ The Last Goodbye

 

 




web拍手 by FC2

にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ
にほんブログ村







posted by tenawanboy at 02:09| Comment(0) | J-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お気楽道場(DTMマガジン 2011年11月号)

藤巻先生のお気楽道場にて、ピアノ・ソロ曲『影盗人』にコメントをいただきました。


【私の問い】ピアノ・ソロで、左手の表現に悩んでいます。単純なアルペジオ以外で、どのようなボイシングをしたらよいでしょうか?また、分数コードを使った複雑な響きの曲を作れるようになりたいです。


【藤巻先生のコメント】(抜粋)

ピアノ曲というのは普段、どういう曲を弾いているのか、というのが如実に出てしまうと思います。この曲を聴かせて頂いて、前回の曲との近似点が非常に多く感じました。左手がアルペジオ、右手がメロディ、という役割をハッキリ持たせ過ぎているように感じます。……(以下略)

また、オーディオ番組でも楽器(ピアノ)を弾くことの重要性を強調されていました。


 

※作曲するためには、楽器が弾けることも重要であると痛感しました。

ピアノ練習に励もうと思います。作曲する時間が少なくなりそうです。

「左手がアルペジオ、右手がメロディ」じゃない曲を目指そう。


 

 



にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ
にほんブログ村



posted by tenawanboy at 00:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。